床の状態をキレイに長持ちさせるにはフロアコーティングが最適

劣化のサイン

外壁塗装とは、外壁がはがれたり、色が変色したときに外壁を塗装することです。この外壁塗装により、見た目がきれいになることは言うに及ばず、家の寿命も長くすると言われているのです。
外壁塗装といてもその種類は様々なものがあります。 一番安い塗料はアクリル系樹脂です。
これは意外とむかしからあるもので、もっともポピュラーな上に安いのです。ただし、その寿命は決して長いというわけではありません。
アクリル系樹脂の場合は寿命が10年以内と言われています。つまり10年以内にもう一度外壁塗装をする必要が出てきます。
これに対して一番長持ちをするのが今のところフッ素樹脂です。フッ素樹脂の寿命はおおよそ20年弱だと言われています。
もちろん価格も高いです。

このように外壁塗装は安いものもあれば高いものもあります。
それにより10年でもう一度塗らなければならないものがあり一方で20年近くも長持ちする物もあるのです。
安いものに関しては60万円ぐらいで高いものに関しては100万円を上回ることもあります。
それだけリフォームをする場合にはお金がかかりますが、これに類似のものに屋根のリフォームがあります。
屋根の場合は外壁塗装と同じようにその家の寿命を決める物の一つになっており、大事な場所です。
外壁にしても屋根にしても雨風にさらされたり、直射日光をもろに受けることには違いないからです。
屋根の修理もいろいろありますが、雨漏りなどが発生してしまうと木材があっという間に傷んでしまうので、できるだけ修理は速めに行うべきです。